宿泊 格安宿泊

ネットカフェ宿泊の料金は2000円弱!でもホテルより高くなる場合もあります

ネットカフェ 宿泊 料金

皆さんは安価に宿泊する場所と言えばビジネスホテルやカプセルホテルが思いつくとは思いますが、さらに安さを追求するならネットカフェという選択肢もあります。

ちなみに極限を攻めるなら野宿という選択肢もありますが、さすがに寝袋なしでベンチで寝るのはキツイので、おススメはしません(笑)

▼駅で野宿した時の体験談はコチラ▼

駅で泊まるのは可能なのか?夜の駅で野宿した経験から解説します!

 

野宿はきついですが、ある程度寝た気分になれるラインがネットカフェだと思います。僕もネットカフェには10回以上宿泊しており、節約旅行の際にはお世話になっています。

しかし、状況によってはホテルのほうが割安で止まれることもあります。ホテルよりもネットカフェのほうが高い場合は、「どうしてもネカフェに泊まりたい!」という強い意思が無い限り満場一致でホテルを選ぶと思います。

今回はネットカフェで一泊宿泊する際の料金と、さらに安価に宿泊する際のポイント、ホテルを利用した方が良い状況を紹介していきます。

こんな方に向けて書いています

 ・ネットカフェの宿泊料金を知りたい方

 ・出来るだけ安価に宿泊したい方

 ・ホテルのほうが割安になる状況が知りたい方

ネットカフェで一泊宿泊するには約2000円前後

結論から言いますと、ネットカフェで一泊宿泊するのには大体1500円~2500円行かない程度が相場です。

一般的なビジネスホテルでは4000円ほどするので、大体半額程度で過ごせるというわけですね。

とにかく安価で宿泊したい方にとっては魅力的ではあります。

まあ、その分寝心地やリラックスできない、盗難の可能性があるなど色々犠牲になってくるものもあるわけですけどね(笑)

ネットカフェで宿泊するメリットとデメリットは他の記事で詳しく解説しているので、宿泊するか決める際にぜひ参考にしてみて下さい。

▼ネットカフェのメリットとデメリット▼

ットカフェ宿泊のメリット3つとデメリット4つを解説!どんな人が向いている?【10回以上宿泊経験あり】

 

このようにネットカフェで宿泊するのは安価ですが、意外と料金は変動するんですよね。

というのも最初に紹介した1500円~2500円というのはブース席で6時間パックまたはナイト8時間パックを利用した際の料金なんですよね。

ネットカフェの料金が変動する部分を知っておくと、さらに安価に宿泊できる方法が分かってきます。

それでは、ネットカフェの料金が変動する代表的な理由を3つほど紹介します。

利用時間によって料金が加算される

1つ目は利用時間によって料金が加算されるということです。

ネットカフェはホテルと違って、滞在時間に対して料金が加算されます。

例えば快活クラブでは店舗ごとにこのような料金表が公式サイトに公開されています。

快活クラブ 料金表

これを見ていただいたら分かるように、時間によって料金が加算されていることがわかります。

料金と時間がきっちり比例するわけでは無く、長時間滞在するごとに少しずつお得になるパック料金が適用されます。

また、夜の時間に入店した場合はナイトパックが適応されて、さらに安価に宿泊できます。

▼ナイトパック料金▼

快活クラブ ナイトパック 料金

先ほどの店舗では日中の6時間パックとナイトパックの8時間パックが同じ値段ですね。

宿泊する際には時間的にナイトパックになると思いますが、ナイトパックが適応される時間は会社や店舗によって変化するので、ナイトパックが適応されるかどうかわからない場合は「会社名+店舗名」で検索して値段表を確認しておきましょう。

初めて利用する会社は入会料金が追加される

2つ目は会員登録費用です。

初めて利用するネットカフェ会社は受付の際に会員登録と追加で会員登録費用が基本的に必要です。

例えば快活クラブだと初めて利用する場合は370円の追加必要が必要で、最後に利用した日から1年間有効です。

まあ、1年以内に利用し続けたら実質年会費は永年無料ということになります。

アプレシオも310円ほど必要ですがこちらは1年で更新が必要になり、1年後に再度入会費用を支払う必要があります。

 

また、例外的にインターネットメディアポパイの一部の店舗では入会金が無料になる店舗や、それ以外の普段は入会金が必要な会社でもキャンペーンで無料になるタイミングがありますので、初めて利用する場合は入会金の有無を確認しておきましょう。

立地によって値段が変動する

3つ目は立地です。

ネットカフェは同じ会社で同じサービスをしていても、立地が良い場所にある店舗は利用金額も高くなります。

分かりやすいように具体例をだします。

同じ快活クラブでナイト8時間パックを利用し、入会金は含めないという条件で秋葉原店と北海道の旭川大町店を比較しましょう。

一応旭川は北海道で人口第2位の都市ですが、秋葉原という東京都心に近い場所に比べると田舎と言わざるを得ません。(旭川の民ごめんなさい)

2022年現在では秋葉原店の場合はナイト8時間パックで2080円、対して旭川大町店は約1550円です。

同じ時間利用しただけなのに500円も上がっていますね。

このように、立地によって料金が変化するのも特徴です。

出来るだけ安価に泊まる方法

ネットカフェが安価に過ごせることは分ったと思いますが、さらに節約したい方もいると思います。

これらは使える状況は限られますが、もし使えるなら是非とも利用しておきたいところですね。

学割を利用する

1つ目は学割を利用することで。

学生の方の特権ですが、学割が用意されている会社も多いので結構お得に宿泊が可能な場合があります。

具体的には快活クラブだとブースの利用料金が20%割引されます。

一泊利用してもともとが2000円だった場合は1600円になるというわけですね。これはかなり大きい割引額です。

他のネットカフェでも学割があるので、学割があるかわからなくても受け付けの際に「学割ってありますか?」と聞いておくと良いと思います。

ただし、注意点は必ず最初の受付の際に学生証は見せることです。後の清算の際だと適応されない場合があります。

もしかしたら後で見せる会社もあるかもしれませんが、間違いは誰でもあることですし、損するよりはマシなので最初に聞いておきましょう!

すでに会員登録をしている会社を利用する

2つ目は会員登録をしている店舗を利用することです。

前項でも解説しましたが、初めて利用する会社の場合は会員登録で追加料金が必要な場合がほとんどです。

入会金は300円から400円程度ではありますが、毎回違う会社を利用して年会費を払っていると、積み重なって高額になってきます。

 

また、色々なネットカフェで会員登録していると、財布の中が会員カードであふれてきます(笑)

僕の財布の中には常にこれらのネカフェ会社の会員カードが鎮座しております。正直クソ邪魔です。

▼これ全部ネカフェの会員カード▼

ネットカフェ 会員カード

このように、たくさんの会社を利用しても料金がかかりますし、カードも邪魔なので、利用する店は多くても3つ程度にしておいた方が良いかもしれません。

 

この記事を見ている方はおそらく、ネカフェに泊まろうと検討している方やこれから宿泊する方が多いと思います。

そのような方におススメできる店は快活クラブです。

理由は快活クラブの店舗数が多く、1年に一度でも利用すれば年会費がかからないからですね。他にも学割で20%引きになったり、シャワーとタオルを無料で利用できる店舗もあったりするので、サービスが圧倒的に良いんですよね。

ただし、シャワーとタオルが無料で利用できる店舗は快活クラブでもある条件を満たしている必要があります。

詳しくは別の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▼快活クラブでシャワーとタオルが無料で利用できる店舗の特徴▼

ネットカフェに泊まるのにおすすめの店は快活クラブ!ただし条件あり

田舎の店舗を利用する

3つ目は田舎の店舗を利用することです。

立地によって料金に差があるのは先ほど紹介しましたが、もし移動しても良い場合は出来るだけ郊外の店舗を利用すると良いでしょう。

具体的にはバイクツーリングで自由に移動できて、特に宿泊場所は問わない場合や、電車移動の場合でも別にその場所で宿泊する必要は無い場合は、料金が安い場所に移動するのもアリだと思います。

▼ツーリングでネカフェに宿泊する際のポイント▼

【金欠バイク乗り必見】ツーリングでネットカフェに宿泊する際のポイントと注意点を解説

ホテルよりもネットカフェのほうが高くなる場合がある!?

ネットカフェは安価で宿泊できますが、実はホテルよりもが高くなる可能性があります。

カプセルホテルの場合は一泊2000円程度で宿泊できる場合もありますし、ビジネスホテルでも3000円~で宿泊できる所もあります。

その場合はホテルに泊まった方が快適に寝れますし、次の日も元気で過ごせます。

3つのケースが複合して高くなる可能性がありますので、それをそれぞれ紹介します。

長時間滞在する場合

1つ目は長期間滞在する場合です。

ネットカフェは時間によって料金が決まるので、長時間滞在する場合はカプセルホテルやビジネスホテルよりも高価になる場合があります。

ホテルの場合は一泊に対しての金額なので、一泊分の料金を支払うとチェックイン時間からチェックアウト時間までは一律の料金です。

最初チェックイン時間16時、最終チェックイン時間が10時の場所が多く、最長だと18時間程度滞在できます。

極端な例ではありますが、ネットカフェでこれと同じ時間だけ滞在しようとすると、平均4000円ほどかかります。

4000円もあったら普通にビジネスホテルに泊まれます。

そこまで長く宿泊しなくても、12時間滞在するなら3000円弱ぐらい必要です。

個人的には入店する前に料金を計算して、2700円を超えるようだったらあと1000円出してビジネスホテルでゆっくりすることが多いです。

逆にナイトパックの時間内(8時間)だけ滞在する場合はネットカフェを選ぶ確率が高くなります。

 

また、長時間滞在する方は何か作業をしたり、ゆっくりリラックスしたいと考えている方が多いと思います。

そのような場合はビジネスホテルのほうが集中できますし、リラックスできますので、なおさらビジネスホテルを利用するのがおすすめです。

▼ビジネスホテルとネットカフェの違い▼

ビジネスホテルとネットカフェ宿泊は何が違う?両方の宿泊経験者が解説します!

早くチェックインする方

2つ目は早くチェックインする場合です。

ネットカフェにはナイトパックという夜の時間にチェックイン(受付)すると、通常なら6時間の料金で8時間利用できるパックを利用できます。

基本的にはこの時間帯に入店するのが良いのですが、それよりも早くチェックインしたい方もいると思います。

ナイトパックが適応されませんし、早くチェックインするとは長期間滞在する傾向があります。

1つ目の「長期間滞在する」という項目にも通ずる部分もありますが、ナイトパックが適応されないし、長時間滞在するとなると料金が高額になることは分り切っています。

その場合は、ホテルのほうがおすすめです。

鍵付き完全個室を利用する場合

3つ目は鍵付き完全個室を利用する場合です。

ネットカフェのブースは基本的鍵が無く、天井が筒抜けになっているので、セキュリティやプライバシーがほとんどありません。

しかし、最近では「鍵付き完全個室」というものが快活クラブや自遊空間であります。

これは名前の通り天井が筒抜けになっておらず、個室になっており、鍵も付いているという豪華装備のタイプのブースです。

▼快活クラブの鍵付き完全個室▼

快活クラブ 鍵付き完全個室 室内

僕も利用したことがあり、当然快適に休めるのですが高いんですよね。

金額は通常のブース料金の1.2倍~1.3倍程度で、都市部だと倍率も高くなる傾向があります。

個人的には田舎の店舗で利用する場合は普通にアリだと思います。

 

しかし、都市部は基本料金も高いですし、倍率も高いので値段表を見た際に「うわッ!高っ!」という気持ちになります。

実際に8時間ナイトパックでも都市部で鍵付き完全個室を利用すると、500円出せばカプセルホテルに宿泊できる値段になります。

周りの客の声が聞こえるなどのプライベート感はネットカフェと同じぐらいですが、宿泊を前提に考えられているだけあって、寝る際の快適性や設備はカプセルホテルのほうが良いです。

▼ネットカフェとカプセルホテルの違い▼

ビジネスホテルとネットカフェ宿泊は何が違う?両方の宿泊経験者が解説します!

 

このように3つの理由、特にこれらの理由が複合した際にネットカフェで宿泊するよりもホテルに宿泊した方が割安になる場合があります。

カプセルホテルやビジネスホテルの中には意外と安価に宿泊できる場所もあるので、一度最安値を調べておいても損はないと思います。

最安値のホテルを探す方法は楽天トラベルを利用するので誰でも簡単ですし、注意点も解説してます。

▼最安値のホテルを見つける方法▼

楽天トラベルで最安値のホテルを探す方法とは?ポイントと手順を解説します!

ネットカフェに宿泊したいと考えている方へ

最後にここまで見て「ネットカフェに宿泊しよう!」と思った方には、今まで10回以上ネットカフェに宿泊した経験からネットカフェ宿泊の際の盗難対策、店の選び方、過ごし方などを全部詰め込んだネカフェ宿泊マニュアルが参考になると思いますのでぜひご覧ください。

▼ネットカフェ宿泊マニュアル▼

インターネットカフェ完全宿泊マニュアル。持ち物、店の選び方、盗難対策、注意点まで全てを教える!

ネットカフェ 完全宿泊マニュアル

-宿泊, 格安宿泊

Copyright© 『行った気!』 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.