黒豆知識

室戸岬に電車・バスで行く方法

サムネ

室戸岬は四国の下の方にある出っ張りの右側(左側は足摺岬)の岬で知られていますが、電車やバスで行きたい人もいると思いますので僕が利用した方法に沿って紹介したいと思います。

室戸岬に行くのには

室戸岬に行くには電車だけでは行くことが出来ません。

電車で行ける限界は土佐くろしお鉄道のごめん・なはり線の終点である奈半利駅か阿佐海岸鉄道の甲浦駅までしか行けません。

この奈半利駅・甲浦駅から室戸岬は徒歩ではいけない距離があるので、バスを利用する必要があります。

(30キロ以上歩ける方なら僕は止めませんが、、、)

奈半利駅ルート

室戸岬 奈半利ルート

奈半利ルートは乗り換えが少なく、四国内であれば徳島県以外の3県から行くのであれば一番早くつけます。

このルートは僕が利用したルートで、徳島方面から来る人以外はこのルートを利用するといいでしょう。

JR後免駅⇒ごめん・なはり鉄道⇒奈半利駅⇒高知東部交通バス⇒室戸岬というルートを通ることになります。

ごめん・なはり鉄道は快速が走っており、後免駅と終点である奈半利駅には停車するので時短になります。

また、ごめん・なはり鉄道はJR四国で発売されているバースデイ切符で乗り放題になるのも良いところだと思います。

甲浦ルート

甲浦ルート 路線図

甲浦ルートをおススメできるのは徳島方面から来る人です。

JR徳島駅⇒JR牟岐線⇒JR牟岐駅⇒JR代行バス⇒海部⇒阿佐海岸鉄道⇒甲浦⇒高知東部交通バス⇒室戸世界ジオパークセンター⇒高知東部交通バス⇒室戸岬

めちゃくちゃ乗り換えがあります。

しかし、徳島から奈半利ルートでは回り込む必要があり余計に時間がかかりますので、こちらの方が早いです。

ただ、徳島方面以外の人には特にメリットはありません。

さらに現在はJR牟岐線の牟岐~海部間は運休で代わりに代替バスが運行されるので、乗り換えの必要があります。

区間で言うと下の画像の区間ですね。

JR牟岐線 代替バス 区間

この区間がDMV導入のための工事によって通行止めです。

DMVは線路と道の両方を走れる車両で、世界で初めての営業運転する区間です。

これは室戸岬に行く人にとっても関係があることで、室戸岬もバスに乗り換えせずにそのまま直通運転で行けるようになるかも、、、ということです。

でも、今の完成していない状況なら特にこちらから行く必要はないですね。

まとめ

バスと電車で室戸岬に行くのは二つのルートがあります。

1つは奈半利ルートで2つ目は甲浦ルートです。

どちらのルートで行くのかは徳島方面からなら甲浦ルートそれ以外なら奈半利ルートを利用するといいでしょう。

-黒豆知識

Copyright© 『行った気!』 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.