日本縦断 青春十八きっぷ

青春十八きっぷで日本縦断(計画編)

せっかくの長期休暇だし、、、

こんにちは。マスターの谷いづるです。私は今大学生をしています。大学生と言えば長期休暇。長期休暇と言えば旅行!ということで、どこかに行きたいなと思いました。しかし、ただ旅行に行くだけならいつでもできる!ということで、長期休暇の時期にのみ発売される『青春十八きっぷ』で日本縦断しようと思います!

青春18きっぷ
今回使う青春18きっぷと、その仲間たち

青春18きっぷは約11000円ほどでjrの路線全線5日間乗り放題になるという夢のようなきっぷですが、その代わりに、新幹線、特急には乗れないという制約付きです。それでもお得ですけどね。

では具体的に攻略ルートを考えていきましょう!

スタートとゴールを決める

やっぱり予定を組まないと話になりませんよね。青春十八きっぷを使った日本縦断には二つのルートがあります。

  • 北海道から鹿児島
  • 鹿児島から北海道

この二つしかありません。当たり前ですけどww

今回私は北海道をスタートすることにしました。北海道の最北端は稚内駅です。宗谷岬も近い距離にあります。

稚内駅の場所

お次はゴール。ゴールを日本最南端の西大山駅をゴールとします。

西大山駅

正直にゆうと、西大山駅と同じ指宿・枕崎線の終点の枕崎駅にするか迷ったのですが、jr最南端の西大山駅にすることにしました。

ちなみに枕崎駅はここです。せっかくなので、指宿枕崎線の上に線を引いてみました。指宿枕崎線の上に線を引いてみました。

指宿枕崎線
青点がゴールの西大山駅です。

具体的に決めていく

スタート地点とゴール地点が決まったらさっそく具体的な経路を決めていきます。

今は便利なことに経路検索サイトの『ジョルダン』に青春十八きっぷモードがあって。出発駅と到着駅や日時時間を打ち込むと近鉄などの第三セクターや新幹線を通らない経路を検索してくれます。ちなみに、pc版のジョルダンだと無料で使えますが、スマホ版のジョルダンだと有料なので、あらかじめpc版で調べておき、印刷しておきましょう。

実際に調べてみると、普通列車だけで行くと日本縦断は5日間で行くことができるそうです。時間は余裕を持たずにカツカツで行きますので、人身事故や気象警報が出てしまうと予定が大幅に遅れてしまいます。これは祈るしかありません。しかし、乗り間違いや寝坊で遅れることのないように注意していきたいと思います。(寝坊で遅れるとかシャレにならんからなwww)

それじゃあ、今回通るルートを紹介していきましょう。

一日目

一日目は日本最北端の稚内駅を5時20分に出発して、長万部駅に22時30分に到着します。電車の待ち時間を含めて17時間近く電車に乗るわけですが、それでも一日目はまだ北海道から脱出できません。570kmのあるそうです。

日本縦断一日目の工程

通る線路はこんな感じです。北海道だけでは長いのかよくわからないかもしれませんので、日本列島全体を映してみました。

日本縦断の一日目の全体像

比べてみると、大阪と東京ぐらい離れていますね。ちなみに東京-新大阪間は552kmだそうです。新幹線のありがたみがよくわかりますね!

二日目

二日目は北海道の長万部を6時28分に出発し、秋田に22時3分に到着します。やっと北海道を脱出できますね。二日目は15時間ぐらいですね。440kmほど進むそうです。

二日目の線路

二日目のルートはこんな感じです。ルートがなぜか日本海側に伸びていますが、太平洋側ではjrからの三セクかが進んでおり、jrで行くとなると日本海側に進むしかないようです。そして、上の写真には青い線と赤い線がありますよね?勘のいい人は上の写真の時点で気づいているかもしれませんが。青のラインはかつてjrで今は三セクになった道南いさりび鉄道で赤のラインは北海道新幹線の木古内から奥津軽いまべつ間でちょうど北海道と青森を結ぶ青函トンネルに当たる区間です。青函トンネルは新幹線しか通っていないんですよね。しかし、ここで『あれ?青春十八きっぷって在来線だけじゃないの?』って思われる方もいるかもしれません。そんでもって、ここで『青春18きっぷ北海道新幹線オプション券』が出てくるわけです。

青春十八きっぷ「北海道新幹線オプション券

これは道南いさりび鉄道の五稜郭から北海道新幹線の木古内駅の接続駅である(道南いさりび鉄道の)木古内駅まで通過し(途中下車は不可)、在来線がない青函トンネル間のみ新幹線でいけるよ。という切符です。途中下車できなかったり、オプション券単体では使えず一緒に青春十八きっぷを持っていないと使えません。制約は多い代わりに格安ですけどね。お値段は2300円ナリー。

三日目

三日目は一気に東京です。厳密には小田原なんだけどね。後で言います。

秋田を5時54分に出発し、東京に20時10分に到着します。移動距離は570kmです。三日目ぐらいになると今日も東京大阪間の距離ぐらい普通になりそうですねww

三日目の通貨線路

三日目の夜

しかし、さっき言ったように、実際は小田原です。

なぜかというと、、、ムーンライトながらに乗るからです。やっぱり青春十八きっぷで日本縦断と言えばムーンライトながらは外せませんよね。

知らない人のために簡単にすると、東京と岐阜県の大垣間を結ぶ夜行快速列車です。快速なので青春十八きっぷで乗れますが、別に一席520円のムーンライトながらの指定席が必要です。区間を考えると安いのかなって感じですね。先ほどに実際は小田原だと言いましたが、ムーンライトながらの車中で日にちが日にちが変わるのが、小田原なんです。このムーンライトながらは、『走るスラム街』という二つ名で親しまれ?ていますが、今は昔と比べて全席指定になった分だいぶんましだそうです。そんでムーンライトながらの何にが一番大変かというと、椅子の下に立派な暖房器具が設置されてあり、足が延ばせず、足を動かせない車両が使われているのがキツイです。そんなにきついか?とおっしゃる人もいるかもしれませんが、東京を23時10分に出発し、大垣に翌朝の5時45分到着するので6時間半ぐらい足を動かせずに座りっぱなしです。エコノミークラス症候群にならないようにストレッチが必要ですね。

そんなムーンライトながらは410kmを走ります。

青春十八きっぷで日本縦断三日目の夜の線路

4日目

ムーンライトながらの中で質の悪い睡眠を取るであろう3日目の夜が過ぎると、大垣を5時23分に出発し、九州の八代駅に22時13分に到着します。一気に九州ですね。なんとその距離940km!ながらを合わせると1350km!東京大阪間を往復できますね。これも関西圏のヒーロー、新快速のおかげですね!

青春十八きっぷで日本縦断四日目の夜の線路

ちなみに四日目に進むのを全て合わせるとこうなります。

青春十八きっぷで日本縦断三日目の夜と四日目の線路

長すぎだろオイ

まあ、頑張っていきましょう。

5日目

いよいよ最終日。八代を6時58分に出発し、ゴールである西大山に17じ32分に到着!ということで、日本縦断達成です。5日目は212kmと少なめです。

青春十八きっぷで日本縦断五日目の夜の線路

ということで、全長で約3151kmというとんでもない距離を5日で制覇する計画です。これで満足してはいけません。実際に行かなきゃ計画した意味がない。(実はちょっと計画だけでお腹が膨れたなんて言えない)

注意すること

見てるだけでもハードな工程ですが、一番キツイのが終電からの始発ですね。寝坊しないか、心配です。ゆっくりする間もないんで、基本的にネカフェで泊まろうと思ってます。空いてなかったら最悪野宿ですね。初日の稚内駅だけは普通にホテルをとりました。心配なのは台風ですね。ちょうど九州に行くときに台風が来るらしいので祈るしかない感じですね。もし電車が止まったら予定変更するほかないのでね。

最後に

これを今書いているのは決行一日前です。1日ごとに書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

Instaguramをやっていますので、気になる方、見守ってやるよ、という方はフォローお願いします。↓

https://www.instagram.com/onimasumast

青春十八きっぷの旅(一日目)はこちら!

-日本縦断, 青春十八きっぷ

Copyright© 『行った気!』 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.